感性Lab.的 緑茶とコーヒーの違い

2017年度は専門学校の授業を受け持っています。先週は、試験前にコーヒーの先生と合同授業でした。コーヒーの実技についてざっとおさらいをしたのですが、これがなかなか面白かった。コーヒーの先生が言われたことで、気づいたことをまとめます。

*ハンドドリップ技術に必要なものは、注ぐ湯のコントロール

なるほど。コーヒーは粉に当てていく湯の量や当たり方を、自分のイメージ通りに落として行けているか?が重要なようです。

つまり、コーヒーは「注ぐ時の湯のコントロール」が重要です。
緑茶も同じく湯は命、「湯の温度と量の調整」が重要です。

その上で、緑茶の場合は湯を注ぐ時ではなく、どちらかというと「湯を引く時のコントロール」に意識を向けて行きます。

 

「湯を入れ続ける」コーヒー「待つplus引き出す」緑茶

緑茶は、茶葉からどのように茶エキスを引き出していくか?その見極め力が問われます。

コーヒーも緑茶も湯のコントロールと集中力という点では同じですが、どこに焦点を当てて行くか?は、素材の特性によって違うものだと、改めて思いました。

*写真は学生が淹れたハンドドリップ。コーヒー殻から注ぎ方の課題を抽出

時間でいえば、どちらも3分間程度。
所作としては
「湯を入れ続ける」コーヒー
「待つplus引き出す」緑茶

コミュニケーションを生業とする私だからかもしれませんが、おもしろいな!と思いました。

それでも、コーヒーの専門家と話をしていくと、やっぱり追求した方は面白いですね。
とても職人的で、とてもマニアックで、とても哲学的で、お互いの素材は詳しくは知らないけれど、共通項がたくさん観えて会話が弾みます。

これはもう職業を超えたものだろうなと思いますね!

 

今日もお茶をどうぞ

 

  日々是茶口実

 

~あなたの暮らしに お茶と笑顔をお届けする~

感性Lab.静岡 金澤木綿(ゆう)
■日本茶と心をつなぐトレーニング「茶瞑想」
■日本茶コーディネート
■コミュニケーション&感性トレー二ング

■農園茶応援サイト⇒お茶うけ屋
■感性Lab.公式サイト⇒感性Lab.静岡
■お茶と心のメルマガ登録⇒

おすすめ